キャッシングの審査をどうしても通したいならキャッシュマンにおまかせ!

アナタがこのサイトを訪れたのは、おそらく「どうやったら一発でキャッシングの審査に合格することができるのだろうか?」そう思ってアクセスをしてきたのではないだろうか。

お金を借りるのは人それぞれ様々な理由があると思うが、そんなに心配することはない。

当サイト「金融戦隊キャッシュマン」の手にかかれば、各金融会社が主にどのような審査基準で融資の合否をきめるのか、おおよそ理解できるだろう!

ただそれらはあくまでベースであり、各社ともそれぞれ独自の審査基準を持って審査の可否を決めるので、まずは自分に合った金融業者を選ぶことが何よりも重要なポイントになってくることをよく覚えおいてほしい。

具体的な例でいうと

  • 年齢(20代?50代?)
  • 性別(男・女?)
  • 婚姻の有無(既婚?独身?)
  • 雇用形態(正社員?パート?アルバイト?派遣社員?)
  • 年収(200万?800万?)

ザッと挙げただけでもこれだけ人それぞれ違ってくるわけだ。

だから自分の状況にあった金融会社を選ぶということは、それだけでキャッシングの審査合格に一歩近づくといっても過言ではないので、間違ってもテキトーに選ぶことだけはしないように。

よく、自分が知ってるという理由だけで業者を選んでしまう方も多いが、その結果、審査にはじかれることなってしまっても後の祭りだ。

キャッシングの審査というのは一度申し込めば「個人信用情報」という情報機関に全て記録されてしまうので、最初に申し込んだ業者が審査に通らないからといって、すぐ他社に申し込んでも、相手に2回目の申し込みというのがわかってしまうので、当然審査に影響を与えることになる。

だから一発で審査に通ることが何よりも重要なのだ!

人気キャッシングはこちら

意外と見落とされやすい、キャッシング審査に通るための3つのコツとは!?

キャッシングの審査に申し込む場合、誰もが審査に合格したい!と思いながら申し込むだろう。

しかし!そこに意外な落とし穴があることをアナタは気づいているだろうか?

その1:絶対に嘘の情報を入力してはいけません!!

コレ、意外とやっちゃう人多いので注意するように。

具体的には職業や年収、他社からの借入金があるかどうか、これらは虚偽の情報をフォームに入力しても、業者側にはすぐにバレる。

特に、他社からの借入金があるかどうかは、先程も説明した「個人信用情報」で調べれば一発でわかる。

その他にも収入証明書等、必要書類の提出を求められれば一発でアウトだろう。

絶対にお金を借りたいからつい虚偽の情報を入れてしまいがちだが、審査に落とされるだけならまだしも、その情報も各金融機関に共有されるので、別の業者に融資を申し込んでもまず借り入れできなくなるので、絶対に正直に情報は入力するように!

ちなみに申し込みの際、自分が既に数社から借り入れしていて、審査に通る自信がないから「匿名」で入力して無理やり通そうとするようなとんでもない者もたまにいるようだが(^_^;)、それも当然、嘘になるので絶対やらないように。

その2:入力フォームにはキチンと正確な情報を入力する

その1のコツと似てるようだが、こちらは嘘とかではなく、自分の情報(住所や生年月日、電話番号等)を一字一句間違えずに入力しましょうという意味だ。

特に電話番号やメールアドレスの間違いが多く、実際に審査に合格しても連絡が取れずに結局借りれない・・・なんて笑えない悲劇も起きている。

今はインターネットからの申し込みが殆どなので、まずは正確に自分の情報を入力するように心がけよう。

あとスマートフォンからの申し込みも特に気をつけておこないたい。

その3:必要書類の写真はハッキリ分かるように!

最近特に消費者金融に顕著なのが「WEB完結」という申込方法だ。

WEB完結とは、要は審査から融資決定までにおける全てのやり取りをインターネットだけで完結してしまおうというものだ。

各金融会社それぞれ条件が異なってはいるが、もし自分が審査に申し込む業者にWEB完結があるのなら積極的に利用したい。

融資までのスピードがやはり違うし、何より煩わしい書類等を一々郵送しなくてもいいのでラクチンだ(^_^)

ちなみにモビットに関しては条件さえ合致すれば、勤務先の電話連絡もナシになる!

ただ、ココにも注意点がある。

大体WEB完結での申込の場合、必要書類等を画像で送信したり、スマートフォンで写真を撮ってアプリで送信するといった方法になる。

その際、必要書類がハッキリと分かるように写真を撮らないと、せっかく素早い審査で魅力のWeb完結でも、確認までまた時間がかかってしまう。

特に免許証等の顔写真を送付する場合、ハッキリを顔が写っていないと意味がない。

場合によっては審査にはじかれてしまう可能性もあるので、この辺も注意してほしい。

人気キャッシングはこちら

属性によって狙っていくキャッシングサービスは違ってくる

まず先程も言ったように「自分に合った金融会社選び」が何よりも重要なのはいうまでもない。

例えば、パートやアルバイ度で生計を立てている方がいきなり、全国規模で展開する銀行のカードローンに申し込んだとしても、やはり厳しい結果になるだろう。

基本的に正社員より収入や社会的にも弱い立場の方が、いきなり大手銀行カードローンに審査を申し込むのはあまり得策ではない。

そこは審査スピードも早く、昔からキャッシングサービスを展開している消費者金融から申し込むべきである。

逆に、正社員やOL、公務員などは、特に初めて借り入れする方なら、基本的に業者選びはそれほど難しくない。

ただ、勤続年数がまだ殆どない新入社員や転職を繰り返しているようなサラリーマンは、どこでもOK!という訳にはいかないからあしからず(笑)

各カードローン業者それぞれの特徴を比較すればいい

例えば

  1. 審査&融資までのスピードが早い消費者金融
  2. 無利息期間がある消費者金融
  3. ブランド力があり、消費者金融に抵抗があるなら銀行カードローン
  4. 消費者金融よりも一般的に金利が低い銀行カードローン・・・etc.

大体このような特徴があるので、自分に合ったところで申し込んでもらえばまず審査には合格するだろう。

しかし既に他社から借入している場合は、例え収入が多い正社員や公務員でも業者選びには慎重になる必要がある。

そこで考え方の基本になるのが「総量規制」である。

総量規制とは簡単に説明すると、年収の三分の一以上の借入(他社借入金額含む)はできないという法律である。

しかしこの法律は消費者金融のような「貸金業法」に適用されるので「銀行法」の基に展開されている銀行カードローンには当てはまらないという特徴がある。

そう考えると、自分の借入金額が総量規制の範囲内なのかどうなのかで、必然と借り入れできる業者も決まってくるというわけである。

最後に、いわゆるサラリーマンではない個人事業主やフリーランス、会社経営者の場合、キャッシングの審査はどうなのかを少し説明しよう。

まず大前提として、個人の融資では「事業資金」としては借り入れできない。

会社(個人事業主やフリーランス含む)の資金として借り入れしたいのであれば、キチンと「ビジネスローン」という金融商品があるので、それを利用することになる。

では個人での融資の場合の注意点はなにか?

それは、個人事業主やフリーランスなどは、普通のサラリーマンと比べると社会的信用は低いので、審査にも色々と書類が必要になるケースが多々ある。

例えば代表的なものでいえば、確定申告書や納税証明書等の所得証明書の提出が条件となる場合が多い。

また、カードローン業者によっては個人事業主等の自営業者は借り入れをお断りされるところもあるので、その辺は注意して欲しい。

とにかく自営業者は、借入の際、サラリーマンよりも審査基準は厳しいと考えてもらったほうがいいと思う。

最後に、フリーターや派遣社員の方で審査に自信がないのなら、大手消費者金融にあるような簡易審査で事前に自分が借り入れできるかどうか調べてみるといい。

モビットをはじめ、アコムやプロミスなど知名度の高い消費者金融には全て数秒程度で結果がわかる簡易審査が設けられているので、自分が借り入れできるかどうかを判断してから本審査に挑戦してもいいだろう。

人気キャッシングはこちら

結局はどれだけ信用される情報を提供できるかどうか

どれだけキャッシングの審査に悩んだところで、結局は業者それぞれの審査基準に委ねられるわけなので、あまり深刻に悩むのもよくない。

ただ、自分がどれだけ社会的に信用できるか証明させることができれば融資の道は明るいだろう。

例えば主なポイントとして・・

  1. 独身より既婚
  2. 保険証を持っているかどうか。
  3. パートやアルバイトより正社員の方がいいし、公務員なら文句なし!
  4. 勤続年数も短いより長いほうがいい。
  5. 年収も少ないより多いほうがいい。
  6. 意外な所では固定電話を持っているかどうか。あると信頼度は増す。
  7. あとは職種も水商売等より一般企業のほうがいいのは誰でも分かるだろう。

この辺をカードローン業者は吟味しながら審査をするわけだが、これ以上に重要なのが、やはり他社からの借入履歴である。

消費者金融や銀行カードローン等のフリーローンだけではなく、クレジットカードのキャッシング枠や、カーローン等(住宅ローンは基本含まれない)の借入件数や金額はかなり重要視される。

もちろん、今は借りてなくても、過去に借り入れしていた経験があったり、まして延滞などの事故を起こしている場合も厳しくチェックされる。

それらを吟味した結果、晴れてキャッシングの審査の合否が決まるわけだ。

まあでもそんなに心配にならなくてもいい。

基本は上にも書いたように

  1. 正社員や公務員など社会的に信用される方で、初めての借入なら基本、どこでもOK。
  2. パートやアルバイトなどで収入にも不安定な方は、最初から消費者金融を狙っていく(急ぎの方も)。
  3. 既に他社から借入している場合は、総量規制を考慮して消費者金融か銀行カードローンを選んでいく。

大まかにいえばこの3パターンでOKだろう。

キャッシングサービスはとても便利なだけに、よく吟味して審査に申し込んでもらいたい。

「金融戦隊キャッシュマン」は応援してるぞ!

人気キャッシングはこちら

コメントは受け付けていません。